中国CHONQING JIALING JIAPENG INDUSTRIAL CO.,LTD製遠心クラッチ110ccエンジン

(旧Tiger Fortune Co.,LTD傘下、現在はC.J.JIAPENG INDUSTRIAL CO.,LTD傘下の工場で製造されおり、
品質は全く同じです。)







【スペック】
●エンジン<中国CHONQING JIALING JIAPENG INDUSTRIAL CO.,LTD製遠心クラッチ110tエンジン>
新品 12V(半波整流方式:ジェネレーターを変更していないカブならこの方式です)
ロータリー式4速遠心クラッチ(一次側クラッチ)
シフトパターン N-1-2-3-4(停車時にのみ4速からニュートラルに入ります)
(リトルカブはリターンシフトなので3速又は4速からニュートラルには入りませんが、当エンジンは入ります。)
シリンダー内径52.4mm×ストローク長49.5mm
吸気ポート径23〜24mm、排気ポート径21mm
吸気側バルブ径23mm、排気側バルブ径20mm
Fスプロケット 420-16T
シリンダーに排気量(107cm3)の刻印があります。

付属の点火プラグも普通に使えます。(同じ使用条件で純正プラグCR6HSAと付属品を試しましたが、特別違いは無いです。焼け色も同じ位ですので、使用には全く問題ありません。)

チェーンライン ホンダ製横型エンジンより3mm程度外側です。
フロントスプロケット部で内側方向、リアスプロケット部で外側方向にワッシャーを噛ませれば大よそ合います。

スーパーカブ50・70・90、リトルカブのステップを無加工で使用出来ます。

カムシャフト(3穴)吸気側リフト量6.0mm、排気側リフト量5.5mm
  (
一般的に出回っているモンキーエンジン用ハイカムは流用出来ません

純正エンジンのジェネレータ―を無加工で当エンジンに取り付ける事も出来ます。
(年式によっては取り付けできない場合があります)
当エンジンのジェネレーターも普通に使用出来ます。万が一、充電しない初期不良の時は直ぐに対応致します。

クラッチプレート:カブ90用と同型です。
クラッチウェイトは7枚×4の28枚仕様です。
クラッチハウジングごと純正品と交換も出来ます。
もちろん社外品の強化クラッチキットも組み込み可能です。
社外品の軽量プライマリドリブンギアも組み込み可能です。

エンジン本体は無加工で取付け可能ですが、配線の接続には端子の付け替えが必要です。(エンジン側配線コネクタ(ギボシ端子)とメインハーネス側配線コネクタ(6極コネクタ)は形状が違います。


画像のように配線を加工して発送致します。これによりワンタッチで配線の接続が可能になり、落札者様が配線を加工する必要がなくなりました。

ご自身の愛車を確認していただき、もしカプラーの配線位置が違うという方は、お知らせくだされば、それに合わせてご用意いたします。カブ限定です。


●キャブレター18Φ(KEIHIN製PB18同等品)
エアクリーナー側外径35mm
エアクリーナー側内径32mm
マニホールド 側内径20mm
ベンチュリ部  縦20mm、横15mm
メインジェット ケーヒン全ネジ型大
パイロットジェット カブ50純正キャブ(ケーヒンPB13)と同型

カブ50純正PB13やカブ90純正PB16と同じ、燃料コック付きのキャブレターです。別途燃料コックを用意する必要がありません。燃料コック部又は、フロート室毎、純正キャブから流用可能です。
パッキン等の補修部品はカブ50や90純正のキャブレター用を流用可能です。

●インテークマニホールド
 口径:キャブ側21.5mm、ヘッド側21.5mm
 高さ:キャブ側ボルト穴〜下部 70mm
 キャブ側ボルト穴間は48mm
 純正ホーン取り付けステーはありません。
 マニホールド用ガスケット一枚とインシュレーター1個、ボルト4本が付属します。

●付属品(無料サービス品につき初期不良対象外)
・ジェネレーターカバー
・キックペダル
・チェンジペダル


●●●点検整備/下記内容を実施したものを発送致します。●●●
※タペット調整
カムチェーンテンショナープッシュロッド先端のゴムを純正品に交換(画像@A)。
純正品は硬質ゴムで数万km交換不要ですが、このエンジンでは柔らかいゴムが使われています。ここのゴムが破損すると、カムチェーンが暴れバルブの開閉タイミングがずれてしまい、吸排気バルブとピストンが接触し破損するトラブルに繋がります。
カムチェーンテンショナー先端のゴム

※クラッチハウジング内のクラッチプレートとクラッチハウジングの摺動部分の調整
クラッチプレート耳部分(画像赤線部)を削って、ハウジング溝を滑らかにスライドするように調整
(ハウジングの溝の精度なのか、クラッチプレート耳部分の精度なのかは不明ですが、稀にスムーズにスライドしない事があり、クラッチの切れが悪いとかクラッチが滑るという現象が見られた為の予防策です)


※ギアチェンジを行う機構部分の点検調整
シフトアーム、シフトドラム回転部分の各パーツ同士の当たり具合を点検調整(画像赤丸部分)


※輸送時リスク軽減の為、工場にて初期始動チェック後にエンジンオイルを抜いてありますので、
必ず始動前にエンジンオイルを充填しオイレベルゲージを確認して下さい。
オイル量600ml前後

 エンジンオイルを補充せずに始動しますと、焼き付きを起こします。
 この場合、初期不良対象外ですのでご注意下さい。


ヤフオク!で購入する>>>

ヤフーショッピングでご購入する>>>